書き込まれた艦これキャラに点数つけてくぞ

1 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:37:19.31 ID:x5WkFA0y0.net
今日は100点満点でつけるわ

104 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:43:44.16 ID:JVB94/U20.net

明石

32 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:39:50.17 ID:x5WkFA0y0.net

>>29
22てんや
またどうぞ〜😭

241 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:53:39.78 ID:x5WkFA0y0.net

>>235
85
>>238
0

226 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:52:21.37 ID:x5WkFA0y0.net

>>223
0点
はるなよりはマシやな

233 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:53:10.23 ID:x5WkFA0y0.net

>>230
なんで?

205 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:50:29.48 ID:x5WkFA0y0.net

>>202
じゃあ1

79 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:42:28.24 ID:+1kHNfO90.net

浦風丁改

3 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:37:40.53 ID:x5WkFA0y0.net

艦これ好きおらんのか

181 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:48:23.78 ID:PsKUelva0.net

>>174
75点

129 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:45:15.72 ID:4OVzypqOd.net

田中謙介

35 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:39:54.10 ID:awjIe2Xj0.net

愛宕

200 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:50:02.11 ID:usfy/tKY0.net

宵月

52 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:40:59.46 ID:PsKUelva0.net

>>46
75点

90 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:43:11.57 ID:BK0kSwrq0.net

>>32
死なすぞ100点だろ

57 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:41:15.79 ID:kKkLQv5x0.net

川内

186 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:48:51.98 ID:vVvWJbz2a.net

>>166
は?榛名なんでそんなに低いんや?アンチかてめー

312 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 23:01:27.41 ID:x5WkFA0y0.net

>>308
76
>>309
88

130 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:45:22.08 ID:PsKUelva0.net

>>129
3点

31 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:39:50.15 ID:ilgw6GeB0.net

荒潮

185 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:48:44.43 ID:x5WkFA0y0.net

>>182
100点
なんかしらんが好きなんや

282 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:57:54.19 ID:MqWPCsMqa.net

>>270
マジもんのグロやめーや

234 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:53:16.51 ID:onjYIMCza.net


FGOACすげー!ん…!?


あれ?あれあれあれ…?

30 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:39:39.96 ID:PsKUelva0.net

>>25
0点

209 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:50:51.93 ID:x5WkFA0y0.net

>>206
80点
第六じゃダントツでびりよな

34 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:39:53.17 ID:hb/l9eGia.net

東風谷早苗

245 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:54:04.88 ID:5xbL3vMla.net

ジャービス

39 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:40:15.98 ID:PsKUelva0.net

>>31
40点

101 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:43:41.04 ID:x5WkFA0y0.net

>>83
89点やな
母性やばいで

293 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:59:20.20 ID:LDDrOv0aa.net

197 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:49:44.74 ID:xpQOZnThM.net

那珂ちゃん

162 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:47:07.10 ID:PsKUelva0.net

>>157
90点

210 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:50:54.01 ID:Vytf6p7T0.net

つ・し・ま

238 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:53:26.75 ID:xpQOZnThM.net

長門さんは?

216 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:51:26.82 ID:CFNbDurmd.net

画像付きなら+20点になるで

170 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:47:48.89 ID:x5WkFA0y0.net

>>167
まあ可愛いしシャーない
>>168
-60

164 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:47:15.00 ID:x5WkFA0y0.net

>>152
12
>>155
65くらいか?
犯したい

252 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:54:42.65 ID:EFSuzIpf0.net

「初霜に渡したい物がある。」
事後、しばらくベッドの中で私は提督と抱き合っていたが、
提督はそう言ってベットを離れ机の中から一つの小さな箱を取り出し私に手渡してきた。
「なんですかこれ?」
「開けてくれれば分かる。」
恐る恐る箱を開けると中には指輪が入っていた。埋め込んである宝石はトパーズだろうか?
「ええっと、これは…いくら何でも気が早すぎませんか…?」
「…そう言われても仕方が無いだろうな。だがそれは結婚指輪じゃないんだ。」
「と、言いますと?」
提督が語ってくれた話をまとめるとこういう事だった。

279 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:57:40.36 ID:34atXi0Va.net

大鳳

124 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:44:48.99 ID:JVB94/U20.net

明石

236 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:53:18.70 ID:5xbL3vMla.net

大東

138 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:45:46.19 ID:qjyqCbel0.net

皐月

255 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:55:15.04 ID:yApiJMLp0.net

大和武蔵高雄霧島鳥海山城扶桑伊勢赤城飛龍衣笠

239 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:53:35.98 ID:EFSuzIpf0.net

初めは痛いだけだったがやがて慣れてきたのかその痛みも多少和らいできた。その代わりに提督のモノが私の中を動くたびに膣内で痛みより快楽が占める比率が大きくなってくる。

「うぅっ…あぁ…提督…気持ちいいです。」
「俺もだ…」
「良かった…提督も私で気持ちよくなってるんですね…っうん!」
「…正直言うと、もうこっちも余裕が無くなってきた。」
 ピストン運動を続けながら提督が呟く。正直こちらも限界が近づいている。
「私も…イキそう…提督、今日私安全日なんです。だから…中にっ!」
「初霜っ…もう限界だ…」
「はい。提督、いつでも…どうぞ。」
「うっ…くうっ…」
 提督はそのまま私の中に精液を発射した。熱いドロリとした精液が私の子宮に注がれていくのが分かる。

147 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:46:16.00 ID:PsKUelva0.net

>>141
60点

297 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:59:37.30 ID:x5WkFA0y0.net

>>292
55
なんか日によってこの子可愛く思える時とくっそ嫌いになる時ある

184 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:48:44.14 ID:PsKUelva0.net

>>182
50点

247 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:54:15.98 ID:x5WkFA0y0.net

>>242
0

194 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:49:30.34 ID:lOw+rXTo0.net

神通!

44 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:40:37.76 ID:kxDeRJRDd.net

>>35
100点や

227 :風吹けば名無し:2018/07/27(金) 22:52:21.94 ID:EFSuzIpf0.net

「ぐっ…くぅっ…痛っ…」
「…すまん、もっと優しくするべきだった。」
「…大丈夫、こんなの戦場での負傷に比べたら…っうん…」
私の秘部からは先程から赤い血が愛液と交じり合って垂れている。初めての時は気持ちよくなれないとは聞いて覚悟はしていたが、
なかなかきつい物がある。だからといって提督に余計な気遣いをして欲しくは無い。
「あっ…くっ…提督…私は大丈夫だから…提督の好きに動いて。」
「だが…」
「いいから…すぐに慣れると思います…だから…」
「…初霜。」
そう言うと提督は私を強く抱きしめてキスをしてくれた。

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑